第二新卒とは、学校を卒業してから1~3年程度で転職を探している若年層のことを指します。
「すぐに会社を辞めてしまったから転職が不利になるのでは?」
と不安になっているかもしれませんが、新卒にはない第二新卒の強みがあります。

「まったくの新人ではなく、第二新卒者から採用したい!」
という企業が増えている今、自分の持つ価値を再認識し、良い転職先を見つけていきましょう。

第二新卒が求められている理由

転職市場で第二新卒が積極的に採用されているのには理由があります。
第二新卒だからこそ持ちうる武器で、面接を楽々突破していきましょう。

<第二新卒のポテンシャル採用>
第二新卒として就職活動をしている層は、高い潜在能力を秘めているにもかかわらず、前の職場ではそれが生かされなかった、というケースが非常に多いでしょう。
経験が無かったとしても育てやすい、優秀な女性を求め、たくさんの企業が第二新卒者へラブコールを送っています。

<第二新卒は研修が楽>
企業にとって、新卒社員の育成は非常に時間とコストがかかるものです。仕事の基本から挨拶の仕方、名刺の渡し方といった部分まで、一つひとつ丁寧に指導する必要があるでしょう。
ところが、第二新卒者はこの研修期間を終えており、ある程度の職務経験もあるため、採用後は即仕事へ取り組んでもらえると、重宝されます。

<第二新卒者は辞めにくい>
前の会社を辞めている第二新卒者。その結果、一度社会へ出たことで、どんな会社やどんな社風が自分に合っているのかを、すでに知っています。
初めての就職と違い、2回目は自分の力を生かせる場で、じっくり働きたいと考えるでしょう。
第二新卒者を採用することは、離職率が低く、安定した雇用につながるのです。

第二新卒からの転職を成功させるコツ

第二新卒は、多くの企業から求められている人材です。
ですが、第二新卒なら誰でも良い……という訳ではありません。
採用担当者は必ず、「前の職場で続かなかった理由は何か」という点に着目するでしょう。

したがって、第二新卒女性の転職を成功させるためには、ポジティブな退職理由を伝える必要があります。
前職で学んだことや、退職を考えた前向きな理由。
そして面接先企業で発揮できるスキルや、仕事への想い、熱意を訴えることで、本気度が伝わり、採用してもらえるでしょう。

入社後は、早く新しい職場に馴染めるよう努力します。
「前の会社ではこうだった……」
という点にこだわり過ぎてしまうと悪印象を与えかねません。
過去は過去と切り捨て、転職先の良い部分をどんどん見つけていくようにしましょう。