男性と違い、女性には結婚・出産などのライフイベントが将来待っています。
「結婚後も続けて仕事がしたい」
「産後は元の職場に復帰したい」
といった思いがあるのであれば、長く働けるための、キャリアビジョンを描いておくと良いでしょう。

女性の転職は“産休育休制度”のある職場で

結婚、出産経験のある女性に聞いてみると、
「結婚を機に、会社を辞めるよう勧められた」
「育休を取りたかったけれど、前例がないと言われた」
「結婚、出産後に就職を探したけれどパートしか見つからなかった」
といった声が多数寄せられています。

このことから分かる通り、既婚者が歓迎されていない職場や、一度離れてしまうと復職できない職場が、まだまだ多くあるんです。
せっかく長く務めてきたのに、結婚や出産で会社を辞めたことで、スキルを生かせる場所が無くなってしまった……という問題を抱えるケースもあります。
スーツに身を包み颯爽と街をかけていたバリキャリ女性が、産後はレジ打ちのアルバイトに……そんな生活を送っている方も少なくありません。

こんな悩みに巻き込まれないためには、就職、転職の時点で産休育休制度や産休育休活用実績のある会社を選びましょう。
「今現在の職場に産休育休実績がない」
という場合は、結婚や出産前に転職を考えておくのも一つの手です。

転職の際は、転勤のない会社であるかどうか女性の割合が多い会社であるかどうか託児所があるかどうか、なども重視すると良いでしょう。

産休育休実績のある会社の見つけ方

それでは、産休育休実績のある女性に優しい会社は、どのように見つけたら良いのでしょうか?
結婚後、出産後も、安心して今の仕事を続けるためには、「RUNWAY」などの“産休育休活用実績あり”で絞り込める求人サイトを利用するのがオススメです。

また、女性向けの求人情報が多いサイトであればあるほど、産休、育休のある職場と出会えやすくなります。
「RUNWAY」を利用する場合は、お仕事コンシェルジュのサポートが受けられるため、産休育休制度のある職場だけを紹介してもらうことも可能です。

面接では、結婚後、出産後も仕事を続けたいという点を、積極的にアピールしましょう。
長く働いてくれる人材は、企業にとってありがたいもの。
制度を上手に活用して、結婚も育児も楽しみながら、キャリアを積んでいきましょう。